松本歯科ブログ

2013年3月28日 木曜日

トンネルの向こうに光が見える?

癌の治療法は日進月歩で、癌の種類にもよるが初期の癌では、根治することが可能となってきているのは、知られています。それでも一旦癌が転移してしまうと治療が難しくなり、多くの患者さんが生命を奪われてしまいます。抗ガン剤治療をしても再発を繰り返し、最後には治療法が無くなってしまうのですが、そのような患者さんを「癌難民」と呼ぶこともあるようです。その大きな要因とされているものに癌の幹細胞の存在があるとされてきました。癌細胞の元となるこの細胞には、抗ガン剤や放射線に対する抵抗力があり、効果が期待できないというものです。そのため抗ガン剤や放射線を使って癌をたたいても再発を防げず、患者さんの体力(免疫力)がが無くなっていくのです。進行がんの治療には、癌の幹細胞をやっつけることが、ポイントになってくるということですね。最近の医学は、その癌の幹細胞を捕まえようとしているのでしょうか。http://www.qlifepro.com/news/20130325/new-cancer-developed-a-cure-for-cancer-still-drove-out-stem-cell-therapy.html

投稿者 松本歯科医院

アクセス


大きな地図で見る

■住所
大阪府大阪市城東区鴫野西2-1-2-116
ネオコーポ大阪城公園1階

■診療時間
9:30-12:30/15:00-19:30

■休診日
毎週木曜日午前・土曜日午後・日祝祭日

お問い合わせ 詳しくはこちら